ナイアード ヘナ+木藍でトリートメント&白髪染め

ヘナ”って今までは天然の白髪染めのイメージしかなかった私。
白髪を染めるためにしか使えないと思っていたんだけど、髪色を明るくしたり、黒髪戻しにも使えたり、トリートメントとしても使えるんです。

黒髪に戻したり、トリートメントとしてヘナを使っている若い子たちも意外に多いの。ビックリ!
体質的にケミカルなヘアカラーが使えなくても、天然のヘナなら安心して使えるって方も多いですからね。(パッチテストは必要です)

私は、髪色を明るく&部分的な白髪染め&トリートメントとしてヘナを使ってみることに。
ヘナ染めってどんな感じなのか試すのに一番無難そうな、ナイアード ヘナ+木藍 にしてみましたるんるん


130603.jpg



ヘナ+木藍は、ヘナに木藍を配合しているので、ヘナの赤みをおさえ黒っぽくなります。
パッケージには黒茶系とあります。
さらにトリートメント効果の高い10種類のハーブ配合。植物100%なので化学染料は一切不使用です。


粉状のヘナは、色も香りも抹茶パウダーのよう。水で溶くとこれが独特のヘナの香りになってしまう・・・あせあせ(飛び散る汗)
アットコスメなどを見ると皆さん染め方を工夫されています。

ヘナは全く初めてだったので、ヘナ経験者の方々のレビューから方法を一部参考にさせていただいて、私が染めた方法も載せておきます。


◆ヘナの染め方
@ まず、オイルで頭皮をマッサージ
(※オイルで染まりやすくなる)(前日にシャンプー)
A マヨネーズよりゆるめの硬さ(垂れないくらい)に水でヘナを溶く。
(※ヘナを溶くとき水の代わりに濃い紅茶で溶いたり、精油をプラスするとヘナのにおいが抑えられるようです。私はトゥルシーティーで)
B 使い捨て手袋をつけて手で塗る。
C タオル(薄手のかぶるタイプ)→シャワーキャップ→タオルで巻く
2時間おいてから、全て外して15分空気に触れさせる。
D よく洗い流してから、シャンプーをする
(※酢入りのお湯を髪にかけてからシャンプーすると色止めになるそう)


◆ヘナを使ってみて
ヘナは皮膚についても染まることはないので、耳や顔についても問題なかったです。
素手だと爪の間に入ってしまうので使い捨て手袋をつけます。ヘナは固まるとパリパリになる。

ヘナを付け始めてすぐ、弱〜い頭痛が10分ほどありました。デトックス効果らしい!
2時間ほど待つ間はとくになんともなかったです〜
ヘナは草のにおいみたいな独特の香りで、結構においます。
香りで気分が悪くなるほどではないけれど。今回精油は入れなかったけど次回は入れてみよう。

翌日シャンプー後もかなりすすいでもヘナの色が出てきます。
シャンプー後の色落ちは2日後くらいまであったので、タオルは汚れてもいいものを使います。
次回は酢リンスのように酢入りのお湯で色止めを試そうと思います。
翌日の朝までヘナの香りが髪に残っていましたが、午後になったら消えていました。


◆ヘナ使用後 髪の変化・トリートメント効果
ヘナを洗い流す時には、髪がツヤツヤ潤っているのがすごくわかるほど。
本物のトリートメントをした感じの手触りでサラサラ、髪の毛が元気になってる感じ黒ハート
髪を乾かした後、短い毛は元気よくピンピンしてます。

シャンプー・トリートメントのハリツヤレベルでなく、ヘナでしかできないハリとツヤグッド(上向き矢印)
髪のコシがUPしてボリューム感があります。
翌日は髪も少し落ち着いてました。
今まで感じたことのない髪のハリとコシだったので、ヘナのトリートメントとしての凄さも十分感じられました!!


◆ヘナの染まり具合
全体的に少し染まりました。ほとんど気づかれないくらいの変化です。
ほんの少しこげ茶の黒髪 ⇒ 少し明るい黒髪、日光の下だと茶色にみえる髪色になりました。
白髪は3日くらい続けないと目立たない色になるまで染まりにくいです。


髪が元気になるヘナ、髪のダメージが気になる方にもおすすめ晴れ


ナイアード ヘナ 木藍 100g





励みになります♪ 応援クリックありがとう⋆
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 美容ブログ ノンケミカルスキンケアへ


スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

posted by Star at 2013年06月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/362278231

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

▲HOMEへ戻る