角質培養とは?

角質培養をご存知ですか?

肌は本来自ら美しくなろうとする再生力や自浄力を持っています。
しかし、ピーリングや拭き取り化粧水、毛穴パック、過度な洗顔…などにより、無理に角質を削り取り過ぎてしまいます。
すると肌が薄く弱ってしまいターンオーバーが乱れ、多くの肌トラブルの原因になります。

角質培養は、ニキビ肌、敏感肌、ビニール肌などのトラブル肌の方が、肌本来のもつ力を取り戻し、強くて綺麗な肌を取り戻すための自然なケア方法です。
垢をためるのとは全く違います。

正常で健康な肌のターンオーバーは、28日で1サイクルです。
洗顔でこすりすぎていたり、ピーリングなどで無理に角質を剥がしてしまうと、角質の下で成長途中のまだ未熟な角質が出てきてしまいます。

これを繰り返すと通常のターンオーバーが乱れてくるので、角質の下で成長中の弱く未熟な角質ばかりが肌表面に出てくることに!
これでは慢性的な乾燥肌・敏感肌になってしまいますバッド(下向き矢印)


角質培養をすることにより、ターンオーバーを正常化し、もともと肌がもつ美しくなろうとする力をUPさせよう!強く美しい肌を取り戻そうぴかぴか(新しい)というのが目的です。


◆角質培養の効果
赤み、色むら、シミ、毛穴が目立たなくなる。敏感肌、乾燥肌、脂性肌の改善。コメドやニキビの改善など。
効果が出るまでは、肌の状態や年齢などで個人差があります。大体は数ヶ月で効果を感じる人が多いようですが1年以上かかる人もいるそう。


◆方法
・肌をこすらない、保湿をしっかりすることが1番重要。
・酵素洗顔、ピーリング石鹸、拭き取り化粧水、毛穴パック、ピーリングは避けること。
・洗顔の際など肌をこするのをやめ、タオルで拭き取る際もやさしく丁寧に。
・熱湯で顔を洗うこと、シャワーの熱湯を直接かけないように気をつけること。
・角質培養に向いていない角質取り過ぎてしまうような化粧品(リンゴ酸、グリコール酸、AHA、サリチル酸など角質除去成分入りのもの)、ファンデ(肌に負担になる化学薬品・合成ポリマーが多く含まれたもの)などを使うのをやめること。
・パックや熱すぎる蒸しタオルなどスペシャルケアをやりすぎない。(やりすぎは肌への負担)


角質培養は、今までケアをやりすぎていた方、間違ったケアをしていた方、角質取り過ぎてしまうような化粧品を使っていた方にお勧めしたいケア方法です。

私も角質培養中ですが、モサ(毛穴から出てくる角栓・コメド、中途半端に剥がれ損なった角質など)が鼻の毛穴から出てくるのですが、それを無理にとらずに自然に剥がれるのを待つ、というのが難しいですねあせあせ(飛び散る汗)

角質培養でどんなスキンケアをするかは、人それぞれのやり方があるようです。
その人の肌に合う合わないがあるので、自分に合うやり方を見つけていくのがいいと思います。


詳しく知りたい方は以下のサイト、とても参考になりますよるんるん

【角質培養】美肌を取り戻せ!【垢ため?】ーまとめ倉庫ー
サッポー美肌塾


こちらのノンノンさんのブログも角質培養について詳しく書かれていて、私も始めたばかりの頃はいろいろ勉強させて頂きました。

モリモリ!美容ブログ 〜お肌と財布と、地球にやさしく♪〜






人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

posted by Star at 2010年11月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角質培養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169825795

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

▲HOMEへ戻る